フォト
無料ブログはココログ

« カレーらーめん | トップページ | 「赤毛のアン」は面白いですね »

2015年4月21日 (火)

ソーセージ作りを広めた大木市蔵氏

私が以前、ソーセージ専門店で下働きをしつつソーセージ作りを学んでいた頃、先生に「大木市蔵さんをご存知ですか?」と尋ねたことがありました。先生は即答で「ソーセージ作りを行っている者で知らない人はいない、神様だ」と言っておられました。
今の若い職人さんは、知らない人も多くいると私は思いますが、先生のように年配の職人の方達は、知っている方も多くいらっしゃるんだなあと思いました。
大木市蔵氏とはどういう方かと言うと、横浜・元町でドイツ人の技術者「マーテン・ヘルツ」氏からハム・ソーセージをはじめとする食肉加工技術を学び、その技術を全国に広めた方です。
大木市蔵氏にご興味を持たれた方、「ソーセージ物語」が本として出ております。
Image_3


« カレーらーめん | トップページ | 「赤毛のアン」は面白いですね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600948/61473196

この記事へのトラックバック一覧です: ソーセージ作りを広めた大木市蔵氏:

« カレーらーめん | トップページ | 「赤毛のアン」は面白いですね »